【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い

肌が弱い人で無かったとしても、肌への負担がかなり大きいため、頻繁に脱毛クリームを使い過ぎることはおすすめ出来ません。
取扱説明書をしっかりと読んで用法容量を守って利用するようにしてください。 多くの家庭用脱毛器の中には、肌を痛めてしまうような劣化商品が少なからず存在しています。
もし心配なようでしたら優良脱毛エステを利用してみるのも一つの方法となります。
脱毛クリームというのは薬液を使いムダ毛を溶かす仕組みなことから、少なからず肌へダメージを与えることとなります。
このことから肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良いでしょう。

 

初めて脱毛クリームを使用する際には、かぶれや炎症を起こしたりするケースがあるようです。
説明書の指示に従って、脱毛をする前に必ずパッチテストを実施するようにしてください。



【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良いブログ:2020/9/18

おはようございます

最近、シェイプアップをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
シェイプアップの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

ボクの周りにも、
「炭水化物抜きシェイプアップ」をしている友達がいますが…
ボクは、炭水化物を全く抜くシェイプアップというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
ご飯から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
11時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な11時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

シェイプアップも大事ですけど、
体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

応援クリックしてね・・・プチ