【基礎知識】ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょう

男臭い人でしたらヒゲを生やすことで似合うかもしれませんが、日本人というのは多くの人はヒゲが無い方が爽やかなイメージで異性にも好印象となります。
またファッションの一部としてヒゲを伸ばす場合も他のヒゲが濃くなっているとバランスが取れないこともあるのです。 最近では男性でもムダ毛に頭を抱えている若者が非常に多くなってきています。
脱毛というのは女性だけの悩みではなく、男性にも大きな関心を持っているのです。
ヒゲというのは、1日に平均0.2mm〜0.4mm程度伸びていくこととなります。
このヒゲというのは男性の象徴とも言えセクシーに見えることがありますが、ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょう。

 

ヒゲや無精ヒゲがファッション的に似合う日本人男性は少数であり、多くの人がヒゲはあまり似合いません。
日本人は外国人とは肌色が異なっているためにヒゲが目立つということが考えられるのです。



【基礎知識】ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょうブログ:2020/1/20

友達が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
ハヤシライスなんだそうですね。

読者様、ホントですか?

というのも、
あたくしはお母さんのハヤシライスをきちんと思い出せないんです。

それはお母さんがハヤシライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりハヤシライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりハヤシライス。

その都度、
お母さんは「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
あたくしのお母さんの場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日のお母さんのテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日ケーキも手作りだったのですが、
ケーキの大きさが毎回違うんです。

これはお母さんがケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

お母さんの面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただあたくしが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。